トレーディングスキーム:合法と違法

貿易市場への投資とギャンブルの間には微妙な境界線があり、自分が何をしているのかわからない時は、オンラインカジノ日本語サイトでプレーすることも賢明な選択かもしれません。トレーディングがギャンブルであると主張しているわけではありません。リスクとリターンの分析ができなければ、結果は区別がつかないと言っているだけです。これらの分析を行うためには、まずトレーディング市場における合法的なスキームと違法なスキームについての知識を持つ必要があります。この記事では、最も一般的なスキームの仕組みについて説明します。

ポンプ&ダンプ

ポンプ&ダンプは、トレーディング市場における最も古い違法なスキームの1つであるかもしれません。現在のところ、これは暗号通貨市場でしか見られません。株式市場では、これは非常に罰せられるからです。ウォール街がほとんど独立していた70年代、80年代には、ポンプ&ダンプスキームが当たり前のように行われました。例えば、映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」をご覧になった方ならお気づきでしょう。ジョーダンベルフォートは、ほとんどポンプ&ダンプだけを使って、信じられないほどの富を築きました。しかし、こうした商法は多くの人を苦しめるので、米国証券取引委員会は、完全に排除するための法的整備を行いました。

このスキームが再び「人気」になったのは、暗号通貨市場があるからです。これらの市場は、まだ公的機関による監査もなく、法的規制もありません。そのため、株式市場では詐欺とみなされるような「手口」が、暗号通貨市場でも使われていることがあります。ポンプ&ダンプもその一つです。

では、この仕組みはどうなっているのでしょうか。これは、実はとても単純な詐欺の一種なのです。ある資産(例えば、株式)の価格を操作的な方法で上昇させることを意味します。価格が最大になると、その資産を非常に安い価格でたくさん買った人(または人)がそれを売り、信じられないような利益を得ます。簡単な例を挙げてみましょうか。例えば、市場に「ABC」という価値のない資産があり、それが1万個しかないとします。ここでの資産は何でもよい(株式、証券、暗号など)重要なことは、それが無価値であり、限られた数を持っているということです。

  • 詐欺師がABCを5,000個購入します。まだ資産価格が非常に低いので、これに多くのお金をかける必要はないでしょう。簡単な例として、彼が今回の買い物で5,000ドルを使ったとしよう。つまり、詐欺師は各資産に1米ドルを費やし、合計5,000米ドルの「投資」を行ったことになります。この数字を覚えておいてください。
  • その後、「ポンプ」の段階が始まります。この段階での目的は、操作的な方法でABCの価値を高めることです。その方法はさまざまです。ジョーダン・ベルフォートはこのために何百人もの人を雇い、その人たちに他の人たちに電話をかけさせて、ABCを買うように説得していたのです。電話の相手は「投資の専門家」と名乗り、ABCがいかに「チャンス」であるかを語っていました。今日、これはDiscordチャンネルや投資フォーラムなど、一般的に人々を操ることができるあらゆるソースで行われています。できるだけ多くの人を騙してABCを買わせ、資産価格を上昇させることが目的です。
  • 不正の範囲にもよりますが、突然何百人、何千人もの人がABCを買い始めると、当然ながら資産価値は上がります。ABCは5,000個しか購入できないので、いきなり1枚あたりの価格が10ドルに達してしまいます。詐欺師がもともと所有していたABCは、現在50,000ドルの価値があります(彼は5,000ドルしか投資していないことを思い出してください)。
  • 確かに人を騙すことはできても、長くは続けられないです。やがて、彼らは無価値な資産を受け取ったことに気づくだろう。そのことに気づかれる前に、もともと買っていたABCを処分するのがコツで、これを「捨てる」段階といいます。このタイミングが正確であればあるほど、より多くの利益を得ることができます。
  • 詐欺師は、もともと買ったABCをできるだけ高い値段で売り、信じられないような利益を得ます。残った資産の値段は当然下がり、みんなが大損をします。

ショート&ディストート

「ショート」は、投資の種類の実際の名称です。ある資産(例えば株式)の価値が下がると信じてポジションを持ち、その予想が当たれば(つまり、本当に資産の価値が下がれば)、かなりの利益を得ることができます。これは完全に合法的な投資手法である。

このような事態を「手助け」しようとすることは違法です。投資家の中には、ショートポジションを持った後にチャンスを掴むことを好まない人もいます。彼らは、資産の価格が下がるように噂を流します。例えば、その資産を所有している会社が倒産しそうだという噂を流したりするのです。説得力があればあるほど、成功するのです。倒産しそうな会社の資産を売り始める人がいて、価格が下がります。その結果、ショートポジションを建てた投資家が勝ちます。

ショート&ディストートは、今でも株式市場で使われている戦術で、証明するのは非常に難しいです。そのような人は、証拠となる書面を残さないのです。特に有名な投資家が電話をかけてきた場合、適切な人物に1回でも電話をかけると、特定の会社に関するゴシップを引き起こす可能性があります。ある意味、パンプ&ダンピングの逆で、買うのではなく、売るように説得されるわけです。

2008年、Paul S. Berlinerという名前のトレーダーは、ショート&ディストートスキームで罰金(約150,000米ドル)を科され、彼の取引ライセンスは取り消されました。アライアンス・データ・システムズという会社の噂を流すことで、Berlinerは自らのショートポジションを解消し、大きな利益を得たのです。処罰の理由は、自分のアカウントでIM(インスタントメッセージ)アプリケーションを使ってこれらの噂を流したからです。(だから、犯人を特定するのはとても簡単でした)Berlinerがもう少し慎重に行動していれば、彼の罪を証明することはできなかっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。