【ボードゲーム レビュー】「ハンザ」- ハンザ同盟の商人になって貿易で一儲け



ミハエル・シャハトさんのいぶし銀な作品「ハンザ」です。

シャハトさんらしい無駄を削ぎ落としたシンプルなシステムを楽しむタイプのゲームになっています。

バルト海の各都市の間に船を移動させて、商品の購入と販売を行なっていくのですが、そもそも船は全員共通。しかも、海流の関係で進める方向は決まっているので、手番までに意図せぬ位置に船が移動していることもあります。

その状態で、何処に移動して何を仕入れて、何処で売るのか(販売するには営業所も必要)と一手一手熟考しながら進めていく非常に渋い作品です。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「王と枢機卿」- 3人ゲームの傑作といえばコレ

–関連サイト
【Amazon】
ハンザ Hansa ボードゲーム 日本語説明書付き
https://amzn.to/2LXm1QX

【駿河屋】
ハンザ ボードゲーム
http://bit.ly/2LTqUKE

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *