【ボードゲーム レビュー】「マーリン」- 円卓の騎士をダイスのパワーで探し出せ



スティファン・フェルトさんとミハエル・リーコックさんの共作「マーリン」です。

テーマはマーリンが円卓の騎士を諸国から探してくるということになっているようですが、妨害あり(妨害者が送り込まれてきます)、プレイヤー間の駆け引きありと一筋縄では行きません。

プレイとしては、ラウンドごとにダイスを4個ふって、それを使う順番を決めるだけというダイスプロット型としてはかなりシンプルな構造にしてあって、複雑そうなコンポーネントの割には見通しの良いゲームになっていて、面白いです。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「ノートルダム」- 10周年モデルもリリース – カードのドラフトとエリアのコントロールが鍵

【ボードゲーム レビュー】「デルフォイの神託」- ゼウスに選ばれるため12の試練に挑む

【ボードゲーム レビュー】「マカオ」- フェルト3大傑作の1つマカオの探検

–関連サイト
【Amazon】
Merlin
https://amzn.to/2nKEEZY

【駿河屋】
マーリン (Merlin) ボードゲーム
http://bit.ly/2Bimic8

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。