【ボードゲーム レビュー】「ホームステッダーズ」- 押出しセリで建築して西部を開拓



西部の街を開拓してゆくゲーム「ホームステッダーズ」です。

2009年ごろの作品で「押出セリ」による建物を建築する権利の購入と、プエルトリコから見られる建物によるプレイヤーの能力差、そしてワーカープレイスメントと取り込み始めた時期という絶妙な時代の傑作です。

2019年にも第4版が更にリリースされるという話もでていまして、繰り返しリプリントされている作品です。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「プエルトリコ」- プといえば、こちら!

【ボードゲーム レビュー】「アメン・ラー」- もう一つの競りの傑作。これもラー

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *