【ボードゲーム レビュー】「Clank!」- ガチャッ、その物音が生き死にを分けるお宝探索



デッキビルディング+お宝探索という少し変わった仕掛けの「Clank!(クランク)」です。

テーマは非常にオーソドックスなもので「ドラゴンが眠ってるダンジョンにあるお宝を頂いて帰ってくる」という感じです。より価値のあるお宝を持って帰ったプレイヤーが勝利するというのもお約束ですね。

ポイントは、ダンジョン内の「移動」「モンスターとの戦闘」「新しいカードの購入」全てをデッキ構築しながら進める点です。

さらにカードには「Clank!(ガチャっと音を立てる)」というマイナス効果が付いているものがあり、音を出してしまう度に各自のキューブがドラゴンが火を噴く対象として提供されていきます。

お宝をせっかく入手しても、ドラゴンに気づかれてブレスを吹かれてしまうと大怪我を被ってしまうというしかけです。

アセンションタイプの軽い形のデッキビルディングとダンジョンのお宝探索のイメージがうまくマッチングしているゲームと思います。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「大いなる狂気の書」- デッキ構築+協力ゲームとは?

【OP修正版】「Core Worlds Galactic Orders」- Core Worldと拡張セットをまとめて紹介

吸血鬼で殴り合うとこうなる – 「Nightfall Eastern Skies」レビュー

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です