【ボードゲーム レビュー】「Oregon (オレゴン)」- 名作シリーズです。オレゴンの地を縦横クロスで開拓!



「オレゴン」のタイトルどおり、オレゴンの地に移住してその地を発展させてゆきます。

※2017.04.14補足
7:20付近で手札カードを6枚を語っていますが、正しくは4枚でした。

ポイントは、縦と横に描かれたアイコンで、そのアイコンが描かれたカードを2枚プレイすることによって、交差する場所を発展させてゆきます(又は建物を建築してゆきます)。

他のプレイヤーの建てた建物を旨く利用していかに効率よくオレゴンの地を開拓できるかを競います。しかし、手札がゆうことをきいてくれないことも多いので運と場所選択をどうするかのバランスが上手く取れている作品です。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「TIKAL」- 密林の中に神殿を見た!

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *