【解説】『ドラゴンの島』5時間レビュー!ニンダイで話題沸騰!NieRを手掛けるヨコオタロウ氏最新作【Voice of Cards ドラゴンの島】



その後,真エンド含む全ての結末,及び裏ボス討伐を完了しました.
5時間時点の感想と大きなギャップはありませんでした.
ただ一部,細かな感想の変化について如何に記します.
(その他の感想などあれば是非コメント欄にて教えてください.)

・最終版に探索要素が出てくるが故に,”カードである意義”がより弱く感じた
カードの裏面や表面の表現による探索要素の充実やすごろく的要素の追加等,ダンジョンを探索することの面白要素がもう少し追加れると尚良し
・ゲームマスターの介入を強くしてもよかったのでは?
ストーリーの選択肢やダンジョン探索への介入や助言など,ゲームならではの”遊び”や傍若無人さ等,傍観者的立場以外の関わりがほしかった

目次
00:00 冒頭
00:34 どんなゲームか
02:24 続きが気になり過ぎるストーリー
04:00 “ゲームマスター”という抜群に都合のいい設定
05:40 丁度よいバランスの難易度
07:22 安心と信頼のフレーバーテキスト
08:46 良い点まとめ
09:19 カスタマイズ性はあるものの,やや単調なバトル
10:50 安定の岡部啓一ミュージック,ただ曲数は少なめか?
11:53 カードの持ち味はやや控えめか?
13:26 もっさり感
14:28 気になる点まとめ
14:42 さいごに

#ドラゴンの島
#Switch
#スイッチ

© 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。