第154回 平成の商品いろいろの巻 PC・携帯・ゲーム機 平成を振り返る番組で使用したものを送っていただきました。 [1ch] 【ザ・昭和レトロチャンネル】



今回は平成の商品のご紹介です。

2019年5月1日より、元号が令和と変わり 各テレビ局では平成を振り返る番組が多く放送されていました。私の知り合いで番組制作をされている方より、平成の商品を撮影で使った後に送っていただきましたので、その商品たちの開封動画になります。商品のキャプションも併せて教えていただきました。

携帯電話用外付けアンテナ
平成10年(1998)前後から数年、流行していた携帯電話(ガラケー)用付け替えアンテナ。
当時は折り畳みよりストレート型の携帯電話中心で、まだ基地局も少なかったため、
ほとんどの携帯が伸縮できるアンテナを搭載

個性を出すためにストラップをつけたり、アンテナを取り換えるのが流行した。
当時販売されていたLEDで電波着信・発信時に色が変わるアンテナ

ちなみに当時の定価5000円

今のスマホのケースブームに連なる電話が個人のものになった時代初期の文化

————-
スーパーファミコン 任天堂 1990年平成2年 夏に発売開始。
大ヒットしたファミコン(83年)の次世代機

1600万台も販売された。

プレイステーションにとってかわられる1995,6年頃までゲームといえばコレの時代でした。

プレイステーション2 SONY 2000年2月 発売開始

————-
iphone3G(Apple) 2009年7月発売
国内販売された最初のiphone
(初代は日本国内の通信規格に対応していないため)

ソフトバンクのみが取り扱い、当時はまだ3.5インチと画面も小さかったが、
アプリが使え、タッチ操作のみでネット・通話ができると
長蛇の列ができるほどの大ヒットとなった。

—————–
ガラケー、PHS

平成7年(1995)-平成17年(2005)頃のものまで
softbank 810P 黒
TU-KA 機種型番不明 ツーカー(関西ではツーカー関西)の初期 1996年の電話機
DDIポケット AIWA (1995年) PHSのサービス開始当初の電話機

——————-
ノートパソコン TOSHIBA ダイナブックSS001

1990年(平成2年)夏 発売
東芝が発売した世界初のノート型パソコン
いわゆるノートバソコンの初代機
当時20万円を切る価格と、MS-DOS(Windowsのご先祖)が動くということで大ヒットした。

また当時F1ブームの真っただ中でCMやパッケージのイメージキャラを日本人
F1レーサーとして注目された鈴木亜久里選手が務めている(箱に映ってるのがあぐりさん)

2つめの箱

Apple iMac 1998年(平成10年)秋発売
大ヒットしたiMacの初代機(Rev.A)
スティーブジョブスがAppleに復帰し、最初に発売し、アップルが復活するきっかけとなった
一台。このスケルトンデザインが流行し、様々な方向に影響を与えた。

ちなみにスーファミ、PS2、iMacは電源入り、動作します。

授業や資料としてご覧いただくようなカタイ動画から、面白おかしくご覧いただける動画までいろいろな動画を企画していきます。

これからも、貴重な昭和の懐かしい物いろいろや、おもしろい昭和の物を紹介していきますので、是非、
チャンネル登録よろしくおねがいします。
http://u0u1.net/JQ0I ←チャンネル登録

ザ・昭和レトロチャンネルは昭和ハウスが製作しています。
よろしければ、ホームページもご覧下さい。
http://www.ict.ne.jp/~jun-/
映画やドラマ、テレビ番組などの貸出、イベントなど様々な昭和づくりをしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です