【ボードゲーム レビュー】「アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ」- 目的地間の線路敷設と株公開を中心とした鉄道ゲーム



Okazu brandさんの2019年ゲームマーケット春の新作「アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ (Across the United States)」です。

いわゆる鉄道ゲームとして線路を敷設して目的地間をつなぎ、株を公開して鉄道会社の支配権を競うのですが、交易品・金集めなど得点に繋がる要素が多数あることと、手番で4枚のカードから2枚を選択して出すという非常に選択肢を制限していることで軽妙なプレイ感を生んでいる作品です。

プレイが大変そうな鉄道ゲームが多いなかで、非常にサクサクプレイできしかも、主だった要素の多くが入っていてプレイしごたえ十分になっていました。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「横浜紳商伝」- 横浜を舞台に商人となって名声を稼ごう

【ボードゲーム レビュー】「横浜紳商伝 DUEL」- 名作横浜紳商伝が二人専用になってカムバック!

【ボードゲーム レビュー】「5 X 5 City」- 25マスに自分の都市を作り上げよう

–関連サイト
【Okazu brand公式】
http://okazubrand.seesaa.net

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *