【ボードゲーム レビュー】「コロニスト」- 超壮大な植民計画



時代1〜時代4までの4つの区切りで詩文の植民地をひたすら拡大してゆくゲーム「コロニスト」です。

あまりにビックゲームゆえにプレイする時代を自由に選択(時代2〜4のみプレイとか)ができたりします。

プレイは、手番が来ると自分の駒を3回移動させて、移動先の処理をしてゆくだけのシンプルなものなのですが、タイルの種類がひたすらに増えてゆき、建築できる建物も続々種類が増えていくので、だんだんダウンタイムが長くなっていきます。

システムのシンプルさをこの選択できるタイル種類と建物種類で深みを出しています。

プレイ時間の長さで好みが分かれそうですが、一度体験してみるのも面白いと思います。

–関連サイト
【Amazon】
コロニスト 日本語版
https://amzn.to/2Mgosd5

【駿河屋】
新品ボードゲームコロニスト 日本語版 (The Colonists)
https://affiliate.suruga-ya.jp/modules/af/af_jump.php?user_id=2600&goods_url=https%3A%2F%2Fwww.suruga-ya.jp%2Fproduct%2Fdetail%2F607125732000

中古ボードゲームコロニスト 日本語版 (The Colonists)
https://affiliate.suruga-ya.jp/modules/af/af_jump.php?user_id=2600&goods_url=https%3A%2F%2Fwww.suruga-ya.jp%2Fproduct%2Fdetail%2F607125732001

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。