【ボードゲーム レビュー】「故宮」- カード選択とアクション選択の妙味



ハンザテウトニカのデザイナー「Andreas Steding」さんの2018年新作「故宮」です。

カードでアクションを選択するゲームはたくさんあるのですが、カードをどの場所に置くのかでアクションを選択し、置いてあるカードが次回自分がアクションに使えるカードになるという交換の概念が入っているのが目新しいです。

非常に沢山のアクション要素と細かいルールがありますので、全体の特徴と流れをご紹介しています。

–関連動画
【ボードゲーム レビュー】「フォルム・トラヤヌム」- 右か左かの2択に悩む建築ゲーム

【ボードゲーム レビュー】「ニュートン」- 2018年後半の注目ゲーム

【ボードゲーム レビュー】「コインブラ」- 4勢力の支持を得る鍵はダイスにあり

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。