【ボードゲーム レビュー】「New York 1901」- ニューヨークの土地開発といえばマンハッタン



New Yorkのマンハッタンを舞台として土地開発を行う「New York 1901」です。

テトリス風の形に切り取られた建物を手番毎に立てるのか、既に建築済みの建物を建て替えるのかということを悩みながらプレイする、シンプルながら悩ましいゲームです。

1手番あたりの時間が短いために、ダウンタイムが短いこととコンポーネントの見かけの割にプレイ時間が1時間程度と短いことがあって、長く愛されるゲームの予感がします。

ただ、ルールのライティングはちょっと弱いところがあるので、特殊カードあたりはちょっと調べておいたほうがよいかもしれません。

-ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Coolection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。