【ボードゲーム レビュー】「オーディンの祝祭」- ワーカープレイスメントの傑作



ウヴェ・ローゼンバークさんのワーカプレイスメントゲームの傑作「オーディンの祝祭」です。

ウヴェさんのワーカプレイスメントゲームといえば「アグリコラ」「ル・アーブル」「カヴェルナ」がありますが、そうしたシリーズの2016年作品がこのゲームです。

ヴァイキングがテーマになっていて、いつもどおりヴァイキングが飢えないように食料を集めながら、さらにパズル的に生産物を配置してゆき勝利点をとるという、従来の要素にパズル的な要素を加えた意欲作となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です