【ボードゲーム レビュー】「クルセイダー」- マンカラをうまく活用した傑作



Seth Jaffeeさんのマンカラを使った作品「Crusaders Thy Will Be Done」です。

十字軍がテーマになっているので、非常に戦争色の強い箱絵やコンポーネントデザインになっていますが、その実態は、エリア獲得と建築を主軸にしていて、すっきりしています。

しかもアクション選択がマンカラシステムを分かりやすく取り込んでおりプレイしやすくなっている傑作と想います。

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です