【解説】赤字続きだった任天堂は何故、奇跡の復活を遂げたのか?



先日、任天堂が2020年度の決算発表会を行いましたが、とんでもないことになっています!

売上高は1兆7,589億円。これはDSやWiiが大流行していた2008年度の1兆8,386億円に迫る数字だったりします。

営業利益に至っては6,406億円と2008年度の5,552億円を上回る数字で、過去最高を更新しました!

任天堂は今、絶頂期と言える状況で、非常に良い流れが生まれています。

そんな任天堂ですが、実はつい7年ほど前までは赤字続きでした。

2011年度の営業利益はマイナス373億円。2012年度はマイナス364億円。

2013年度はマイナス464億円を計上と3期連続で赤字となってしまいました。

投資家からは非難轟々。スマートフォンでのゲーム配信や社長の解任を求める声が殺到する状況で、任天堂はかつてないほどの低迷期を迎えていました。

任天堂ファンであるぼくも「任天堂はもうダメなのかな?」と思ってしまうこともあったので、今、V字回復している状況を嬉しく思っています。

一体、任天堂はどのようにしてV字回復を成し遂げたのでしょうか?

ここからは任天堂が凋落してから再び繁栄するまでを西暦順に振り返っていきますので、ぜひ、最後までご覧になってください。

台本の監修:yyさん (https://twitter.com/Ketta_machine7 )

※売上データは任天堂決算報告書からの引用です。
━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━
0:00 はじめに
1:20 2008年:世界的なDS/Wiiブームが発生
3:37 2009年~2011年:DS/Wiiブームの終焉
5:31 2011年~2013年:低迷期に突入
11:07 2014年~2016年:転換期を迎える
14:59 2017年~2019年:Switchの大ヒットで大躍進!
18:35 2020年:巣ごもり需要が追い風に
19:45 最後に
━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ記事版
━━━━━━━━━━━━━━━━
https://kentworld-blog.com/archives/nintendo-highestprofit.html
━━━━━━━━━━━━━━━━
Amazonリンク
━━━━━━━━━━━━━━━━
■Nintendo Switch
https://amzn.to/2P1s3z0
■Nintendo Switch Lite
https://amzn.to/2BIiylo
━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめの動画
━━━━━━━━━━━━━━━━
■【解説】ニンテンドースイッチの歴史を振り返る【4周年】

■【解説】生産終了したニンテンドー3DSの歴史を振り返る【10周年】

━━━━━━━━━━━━━━━━
KENTのブログ、Twitter
━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログ
https://kentworld-blog.com/
■Twitter

■ほしいものリスト
http://amzn.asia/52t1grV
━━━━━━━━━━━━━━━━
KENTのプロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━
ゲーマー歴20年以上のゲーム好き。休みの日は1日15時間以上ゲームをプレイするのがザラで周囲を呆れさせている。
2007年にゲームブログ「KENTWORLD」を開設し、1,000本以上のレビュー記事を投稿。
クリアしたゲームは2,000本以上。ブログは12年間に3,000万PV以上を記録。
━━━━━━━━━━━━━━━━
使用しているBGM
━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tobu – Candyland [NCS Release]
■Tobu & Itro – Fantasy

■TheFatRat & JJD – Prelude (VIP Edit)

#KENTゲームレビュー #任天堂 #Switch

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *