【ボードゲーム レビュー】「すしごー」- ドラフト要素を堪能できる回転寿司



回転寿司の要領でお寿司カードをドラフトしてゆくのが、この「すしごー」です。

オリジナルは2013年の作品ですが、2016年に日本語化されました。

スシのネタ(といってもお刺身や天ぷら、プリンとかありますが)の種類によって、「他人より多ければ点数」「特定の枚数をセットにすると点数」「枚数が多ければ多いほど高得点」といったように点数の計算の仕方が違います。

ドラフトですので、1枚カードを取って手元に公開すると次のプレイヤーに残りのカードを渡していきますので、他プレイヤーが公開しているカードを見て「これは渡して良いのか?」「自分はこれを優先して取って枚数があるのか?」といったあたりのかけひきが楽しいです。

–関連動画
ドラフトゲーム動画集
https://www.youtube.com/playlist?list=PL53ryXj4FnYTVILxd2yn1c966UVdkiaM3

–関連サイト
【Amazon】
すしごー日本語版

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *